首相、老後資金で「誤解」 野党は批判、1年ぶり党首討論

首相、老後資金で「誤解」 野党は批判、1年ぶり党首討論

 安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首は19日、今国会初で1年ぶりとなる党首討論を行った。野党各党首は、老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を取り上げ、首相を追及。首相は「大きな誤解が生じた。違和感を感じた人もいる」と釈明した。枝野氏は「安心ばかりを強調して実態と向き合わない姿勢がある」と政権を批判した。

 首相は、報告書が高齢者の生活実態に関して平均値から生活費の不足を試算していることに関し「平均値で見るのが良いのか。大切なのは、年金生活者の生活実態は多様で、実態に対応するものになっているかどうかだ」と強調した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索