参院選は7月21日投開票 4日公示、政府が閣議決定

参院選は7月21日投開票 4日公示、政府が閣議決定

 政府は26日、臨時閣議を開き、参院選日程について「7月4日公示、21日投開票」と決定した。1月に召集された第198通常国会が閉幕。公示まで8日間、投開票まで25日間の短期決戦となり、与野党は選挙準備を加速させる。安倍晋三首相の政権運営の実績が問われるほか、10月に予定される消費税増税の是非、「老後資金2千万円問題」で浮かび上がった年金制度の在り方などが争点。

 安倍政権下での憲法改正に前向きな「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持するかどうかも焦点となる。

 首相は国会閉幕を受けて午後に官邸で記者会見する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索