丸山穂高氏に比例立候補を打診 N国、次期衆院選で

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は13日の記者会見で、丸山穂高衆院議員(大阪19区)に次期衆院選比例代表での立候補を打診したと明らかにした。近畿ブロックを想定している。丸山氏は回答を留保している。比例11ブロックのうち北関東、南関東、東京、東海、中国、九州の6ブロックは、比例1位で擁立する候補者が決まったとも述べた。

 立花氏は、N国を政党助成法に基づき総務省に届け出たと発表した。党本部は千葉県船橋市に置いた。

 来年の東京都知事選を巡り、上杉隆幹事長の立候補に改めて期待感を示した。上杉氏は2016年都知事選に無所属で立候補し、落選した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索