岩手知事選、復興巡り与野党対決 現職・新人が届け出

 任期満了に伴う岩手県知事選が22日告示され、いずれも無所属で、4選を目指す現職達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=と、新人の元県議及川敦氏(52)=自民推薦=が立候補を届け出た。先の参院選後、埼玉県に続き与野党対決型の知事選となる。東日本大震災からの復興政策や現県政継続の是非が争点で、9月8日に投開票される。

 前回の2015年が無投票だったため、8年ぶりの選挙戦となる。達増氏は国民民主党の小沢一郎衆院議員(岩手3区)に近いとされ、自民党は県政奪還を目指している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索