臨時国会、10月4日召集で調整 国民投票法改正案焦点に

臨時国会、10月4日召集で調整 国民投票法改正案焦点に

 政府、与党は秋の臨時国会を10月4日に召集する方向で調整に入った。会期は12月上旬までの方針だ。安倍晋三首相が参院選で訴えた憲法改正論議の進展が焦点で、与党は懸案である国民投票法改正案の成立を目指す。政府は新たに提出する法案を20本程度とする方向だ。会期中には皇位継承に伴う儀式や外交日程も多く、審議日程は窮屈になりそうだ。

 首相は9月半ばで調整している内閣改造・自民党役員人事を終えた後、下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会で一般討論演説に臨む。臨時国会では、首相の所信表明演説を受けた衆参両院の各党代表質問のほか、予算委員会の質疑を経て法案審議に入る。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索