日米首脳会談は1度だけと訂正 官房副長官「説明が不正確」

 【ビアリッツ共同】西村康稔官房副長官は25日、フランス南西部ビアリッツで同日開かれた安倍晋三首相とトランプ米大統領の会談は1度だけだったと訂正した。貿易交渉の大枠合意を巡る米側の申し入れで共同記者発表が急きょ決まり、それに先立ち両首脳が打ち合わせを行ったと説明。首相同行記者団に「正確な説明ができなかった」と陳謝した。米テレビが中継したのは共同記者発表の様子だった。

 西村氏によると、首脳会談の後、貿易部分について担当の茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー通商代表が発表形式を協議。米側から「良い話なので両首脳の共同記者発表をやりたい」と提案があったという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索