国交相、電線埋設「前に進める」 台風15号総括、再発防止へ意欲

国交相、電線埋設「前に進める」 台風15号総括、再発防止へ意欲

 赤羽一嘉国土交通相は14日、千葉県で多数の電柱が倒壊、損傷したことを踏まえ、全国での電線地下埋設について「同じことを繰り返さないため、台風15号の総括として、大変前に進めなければいけない」と述べた。視察先の館山市内で記者団に語った。

 高額な費用がネックとなっていることに関しては、民間事業者から低コスト化の提案もあるとして「かつてほど困難ではない」と指摘した。

 政府は豪雨や地震といった災害が相次ぐ中で、2018〜20年度の3年間に全国の道路1400キロで電線埋設に着手する目標を掲げ、災害時の物流ルートとなる緊急輸送道路千キロでも別途進める方針だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索