会社法改正案を閣議決定 社外取締役設置を義務化

 政府は18日、社外取締役の設置義務や取締役の報酬決定方法の透明化を定めた会社法改正案を閣議決定した。外部の目によるチェックを厳しくして企業統治を強化し、国内市場の信頼性を高めることが狙い。臨時国会での成立を目指す。

 法務省によると、東証1部上場企業は7月時点で99.9%が社外取締役を置いているが、国内外の投資家の信頼を一層確保するために義務化を決めた。

 取締役の報酬は、決定方法が外部から分かりにくく、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の事件でも問題になった。改正案では、取締役会が報酬の決定方針を定め、概要を開示しなければならないとした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る