首相が自民集会で改憲呼び掛け 「国民的議論深めて」

首相が自民集会で改憲呼び掛け 「国民的議論深めて」

 安倍晋三首相は18日夜、和歌山市で自民党が開いた憲法改正推進を目指す集会にビデオメッセージを寄せ「国会の憲法審査会で、国民の期待に応える活発な議論を行ってほしい。国民的な議論を深めていきたい」と呼び掛けた。二階俊博幹事長が地元和歌山での開催を主導。自民党は今後も各地で憲法集会を開く方針だ。世論を喚起し、国会の改憲論議を後押しする狙いがある。

 集会で二階氏は「憲法の問題を国民皆で考える精神があって、初めて国の発展につながる」と積極姿勢を強調した。党憲法改正推進本部長を務めた下村博文選対委員長が講演し、憲法改正の意義を説明。世耕弘成参院幹事長らも参加した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る