日韓、徴用工問題で平行線 安倍首相「国の約束順守を」

日韓、徴用工問題で平行線 安倍首相「国の約束順守を」

 安倍晋三首相は24日午前、韓国の李洛淵首相と官邸で会談した。最大の懸案である元徴用工訴訟問題を巡り「国と国との約束を順守することにより、日韓関係を健全な関係に戻すきっかけをつくってもらいたい」と要求した。韓国が日韓請求権協定に違反する行為を一方的に行っているとの日本の立場を踏まえた発言。李氏は韓国は協定を守っていると主張し、平行線に終わった。李氏は文在寅大統領の親書を安倍首相に手渡し、両国間の対話継続の重要性では一致した。

 日韓首相の会談は、昨年9月にロシア極東ウラジオストクで行って以来、約1年ぶり。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る