野党、桜見る会で追及チーム 首相主催、「国費使い私物化」

 立憲民主、国民民主、共産各党の国対委員長は11日、国会内で会談し、首相主催の「桜を見る会」に疑問点が多いとして、追及チームを設置する方針を決めた。立民の安住淳国対委員長は、安倍晋三首相の地元後援会員が多数招待された疑惑が濃厚だと指摘し「国費で行われる会を私物化した疑いが強い。実態に迫っていく」と述べた。

 桜を見る会は、例年春に政界関係者や芸能人らを東京・新宿御苑に招いて開催される。後援会員の招待は、8日の参院予算委員会で共産党が質問。首相は人選への関与を否定し「自治会などで役員をしている方と後援会に入っている方が重複することもある」などと答弁していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る