桜の会に後援会員多数招待は問題 維新の吉村大阪府知事

 大阪維新の会代表代行の吉村洋文大阪府知事は12日、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、首相の地元後援会員が多く招待されているとの疑惑が指摘されたことについて「事実であれば公務の中立性、公正性からして問題だ。税金を使う行事としてまかり通るものではない」と批判した。大阪市内で記者団に語った。

 吉村氏は、内閣府の大塚幸寛官房長が招待客名簿を廃棄したと説明したことに関しても「公務でやっているわけで、絶対に(名簿は)ある」と述べ、公表すべきだとの考えを示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る