「桜を見る会」招待基準を明確化 「私物化」批判受け政府

「桜を見る会」招待基準を明確化 「私物化」批判受け政府

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、公費で首相が主催する「桜を見る会」の招待客について、選定基準の明確化を検討する考えを示した。明確化の必要性を問われ「検討することも必要だ」と述べた。野党は安倍晋三首相の地元後援会員が多数招かれた疑惑が濃厚で「私物化した疑いが強い」と指摘。立憲民主、国民民主、共産各党の追及チームは国会内で初会合を開催した。

 菅氏は自民党の二階俊博幹事長が「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然だ」との認識を示した点に関しては「発言は承知していないのでコメントは控えたい」と述べるにとどめた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る