女性天皇と女系の理解必要と首相 皇位継承巡り、自民保守系と面会

女性天皇と女系の理解必要と首相 皇位継承巡り、自民保守系と面会

 安倍晋三首相は19日、自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)と官邸で面会し、「女性天皇と女系天皇の違いについて、国民的な理解が十分進んでいない」と述べ、理解を求める活動が必要との考えを示した。

 父方に天皇を持つ女性天皇は前例があるのに対し、母方が天皇の血筋を引く女系天皇は前例がない。首相は面会で「古来、男系継承が例外なく行われたことの重要性を踏まえ、慎重に検討していきたい」と強調した。

 青山氏らは、安定的な皇位継承に向けた提言を手渡した。旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰を可能とするため、法整備を求める内容。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る