内閣府の大塚幸寛官房長は16日、参院予算委員会の理事懇談会で、内閣府が「桜を見る会」の推薦者名簿の部局名を隠す加工をして国会に提出したことに関し「極めて不適切だった」と謝罪した。与党筆頭理事が明らかにした。