立憲民主党の福山哲郎幹事長は12日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で起訴された衆院議員秋元司被告(自民党離党)の保釈を受け、証人喚問に応じるよう求めた。国会内で記者団に「現職国会議員が逮捕された事実は極めて重く、国会で説明責任を果たしてほしい。与党が隠さなければ実現する」と述べた。

 同時に「自民党総裁としての安倍晋三首相や、自民党の反省が感じられないのがとても残念だ」とも語った。

 立民と国民民主、共産の野党3党国対委員長は保釈に先立つ会談で、証人喚問を求める方針で一致した。