日本と中国は、両国の外相会談を今月中旬にドイツで開く方向で調整に入った。複数の政府筋が13日、明らかにした。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が中国で深刻化する中、4月に見込まれる習近平国家主席の国賓来日を予定通り実現するかどうかを協議するとみられる。

 習氏国賓来日を巡っては、日中双方が感染拡大を背景に、今月中旬に北京で開く予定だった準備会合を延期したことが判明している。日本政府内からは「中国は困難な事態に陥った。延期もやむを得ない」(官邸筋)との声が出ている。双方は情勢を見極めた上で、近く最終方針を固める。