全国の地方議会で総定数に占める女性議員の割合が、昨年春の統一地方選後の6月1日現在で14.0%になったことが14日、「市川房枝記念会女性と政治センター」(東京)の調査で分かった。4年前の前回調査より1.9ポイント増えて1971年の調査開始以降、最高となったが、いまだ2割にも満たない。女性議員が一人もいない「ゼロ議会」は全国1788議会の16.9%に当たる302議会に上った。

 安倍政権は女性活躍推進を掲げ、2018年に「政治分野の男女共同参画推進法」が成立した。その状況下で行われた初の統一地方選だったが、男女均等にはほど遠いのが実態だ。