河野太郎防衛相は21日、北朝鮮の飛翔体に関し「少なくとも2発の短距離弾道ミサイルが発射された」と記者団に述べた。飛距離は300キロ〜400キロと推定した。