安倍首相は、東京五輪を巡り、国際オリンピック委員会のバッハ会長に自身の方針を伝達したいとの意向を示した。「場合によっては私自身の考え方について、バッハ会長に話す機会があればと思っている」と述べた。