安倍晋三首相(自民党総裁)は憲法記念日の3日、改憲派が開くウェブ会合にビデオメッセージを寄せ、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、緊急事態に対応する憲法規定について議論を進めるよう与野党に促した。

 現行憲法に関し「緊急時に対応する規定は参議院の緊急集会しか存在していない」と指摘。その上で「国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そのことを憲法にどのように位置付けるかは、極めて重く、大切な課題だ」と強調した。

 大規模災害時に内閣権限を強化する緊急事態条項新設を盛り込んだ自民党改憲案に触れ、衆参両院の憲法審査会での議論促進を求めた。