大型連休明けの国会は、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が今月末まで延長されたのを受け、政府の「次の支援策」を巡る議論が活発化する。安倍晋三首相は4日の記者会見で「速やかに追加的な対策を講じる」と明言。与野党からは2020年度第2次補正予算案の編成を求める声が上がる。法整備などにも対応できるよう6月17日までの国会会期を延長すべきだとの意見もある。

 与野党は5月11日、宣言延長をテーマに首相が出席する予算委員会の集中審議を衆参両院で開く。12日は衆院本会議で首相出席の質疑を行う。

 休校長期化を踏まえた学校の9月入学案も議論されるとみられる。