橋本政権などで首相補佐官を務めた外交評論家の岡本行夫氏が4月下旬に死去していたことが7日、分かった。政府関係者が明らかにした。新型コロナウイルスに感染していたという。74歳。