政府と与野党は8日、新型コロナウイルス対策に関する連絡協議会を国会内で開いた。野党側は経済的に困窮する学生を支援するため、授業料の減免や生活費の支給を要望。企業が従業員を休ませた場合に支給する雇用調整助成金の上限引き上げを早期に実現するよう求めた。2020年度第2次補正予算案の編成も促した。

 立憲民主、国民民主、社民3党などの野党会派は、授業料減免と一時金支給を柱とした学生支援法案を11日にも国会提出すると説明し、政府、与党に協力を要請。自民党の岸田政調会長が雇用調整助成金の上限引き上げを目指すとした発言を評価し「実現に向けて協議したい」と呼び掛けた。