菅義偉官房長官は29日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が東京都を中心に増加傾向にあることを巡り、緊急事態宣言の再指定や、県境をまたぐ移動の自粛要請に該当する状況ではないとの認識を示した。

 感染者が増えていることについては「濃厚接触者などに積極的な検査を行った結果も含まれている」と説明。引き続き、感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指す考えを強調した。