新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の再発令を巡り、政府の諮問委員会の尾身茂会長は2日の参院厚生労働委員会の閉会中審査で「前と同じような強力な要請や自粛を求めることは、実際的には国民的なコンセンサスが得られない」と述べ、現時点では否定的な考えを示した。

 尾身氏は「世の中は基本的に、経済社会活動と感染拡大防止の両立ということが言われている」と語った。

 内閣府の宮下一郎副大臣は厚労委で、東京都の新型コロナの感染者数が増加していることに関し、現時点で緊急事態宣言の再発令に該当しないとの認識を示した。「いま時点で宣言を発出することにはならない」と述べた。