自民党の石破茂元幹事長は2日の共同通信加盟社論説研究会の講演で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を唯一の解決策とする政府方針に疑問を示した。「これしかない、とにかく進めるというだけが解決策だと思っていない」と述べた。「抑止力という言葉を抽象的に振り回すのではなく、沖縄の理解が得られるよう、正面から向き合いたい」とも語った。

 自身が首相になった際の対応を問われ、答えた。辺野古で見つかった軟弱地盤の問題を改めて検証する考えも強調した。