東京都の小池百合子知事は6日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長と都庁で面会し、大会の開催に向け連携していくことを改めて確認した。森氏は再選を祝福した後、組織委と国と都で新型コロナウイルス対策を検討する会議を立ち上げる意向を伝えた。有識者らも交えて9月にも発足させ、年内をめどに取りまとめる方針。

 森会長は大会簡素化に関し、観客の削減を進める場合、既に購入しているチケットの扱いをどうするかなど問題が山積していることを説明。小池氏は「都民や国民に納得してもらえるよう、知恵を出していく必要がある。現実を踏まえて詰めていく」と応じた。