日米両政府は、菅義偉首相とトランプ米大統領による初の電話会談を20日夜に実施する方向で調整に入った。複数の日本政府関係者が18日、明らかにした。日米基軸の自らの外交方針を直接伝達するとともに、北朝鮮情勢などを巡り意見を交わすとみられる。安倍晋三前首相と同様、トランプ氏と親密な関係を築く第一歩としたい考えだ。

 トランプ氏は自身のツイッターで、首相の就任に祝意を示し「早く会談するのが楽しみだ」と投稿。加藤勝信官房長官は18日の記者会見で「早速、心温まるメッセージを頂き、大変感謝している」と述べた。「日米関係は非常に大事だ」とも強調した。