東京都の小池百合子知事は18日の定例記者会見で、菅義偉内閣との連携について「新型コロナウイルス対策と東京五輪・パラリンピックの開催は国と都の共通課題」とした上で「連携していくのは国にとっても都にとっても重要だ」と述べた。

 会見での質問は首相と面会する意向を尋ねる内容だったが、直接的な回答は避け、状況を見ながら五輪や新型コロナなどの担当相を含む新政権のメンバーと改めて連携方針を確認していく意向を示した。会見後の18日夕には都庁を訪れた橋本聖子五輪相と意見交換した。

 都議会定例会の所信表明でもでも小池氏は「菅新総理らと力を合わせる」と強調した。