千葉市の熊谷俊人市長(42)が19日、来年4月の任期満了に伴う千葉県知事選について記者団の取材に応じ「私の思いは固まりつつある。知事選に期待いただいている方と意見交換をしているのは事実」と述べ、出馬への意欲を示した。関係者によると、すでに一部支援者に、出馬した際には協力するよう要請しているという。

 熊谷氏は決断の時期について「しかるべき時期に申し上げる。冬の新型コロナウイルス対策にめどがついたタイミングで表明したい」と語った。

 熊谷氏は千葉市議を経て2009年6月、全国最年少市長として31歳で初当選し、現在は3期目。