菅義偉首相と東京都の小池百合子知事が23日午後、首相官邸で新内閣発足後初めて会談した。新型コロナ対策や東京五輪・パラリンピックの開催に向けた連携方針を確認し、マスク姿の2人が「グータッチ」を交わす場面も。小池氏は会談後の取材に「意見の一致」を繰り返し、ささやかれる不仲説からの「雪解け」をアピールした。

 会談は約20分間。報道陣に公開された冒頭では小池氏が「コロナ対策や五輪の開催をどうぞよろしくお願いします」とあいさつし、菅氏がうなずいて応答。小池氏の提案で拳と拳をぶつけ合いながら写真に納まった。

 会談は自民党の二階俊博幹事長の助力を得て実現した。