加藤勝信官房長官は25日の記者会見で、会員制交流サイト(SNS)などで加藤氏が「たわし」と呼ばれていると記者から指摘され「(たわしは)磨くための道具であり、自ら磨いていきたい」と応じた。愛称は髪形に由来するとみられる。

 記者から「ネットでどういうあだ名が付いているかご存じか」と問われ、加藤氏は笑みを浮かべながら「承知していないけど、教えて」と逆質問。たわしと聞いて「自らを磨く」と反応したことについて、インターネット動画中継サイトでは「うまい返しだな」といったコメントが相次いだ。

 前任の菅義偉首相は「すが」をもじった「ガースー」の愛称で親しまれた。