政府は25日、規制改革推進会議の作業部会を開き、放送番組のネット配信を巡る権利処理を円滑化するための方策について議論した。関係者によると、音楽などの著作権保護の観点から慎重と受け取れる文化庁の説明に対し、河野太郎規制改革担当相が「やる気がなければ担当部署変更もあり得る」などと再考を促した。

 放送番組のネット配信を巡っては、NHKや民放大手がネット同時配信の障壁となっている権利処理の一元化などを求めている。少人数で対応する地方の民放各社では権利処理の作業への負担感が強いとされ、これまでも作業部会などで円滑化の方策が議論されてきた。