自民党の石破茂元幹事長(63)は22日、自身が率いる石破派(水月会、19人)の会合で、会長を辞任する意向を表明した。9月の党総裁選に立候補したが、菅義偉首相に惨敗。岸田文雄前政調会長にも後れを取り、最下位の3位に終わった。会合後、記者団に「結果を出せなかった。多くの方の期待に応えられなかった責任は私にある」と語った。

 関係者によると、後任には派閥事務総長の鴨下一郎元環境相が就く方向で調整が進んでいる。ただ石破派は、石破氏を首相に推す目的で2015年に新たに結成した経緯がある。会長辞任への反対論も予想される。