立憲民主党の枝野幸男代表は25日、26日召集の臨時国会で日本学術会議の会員任命拒否問題などを巡り、菅義偉首相が答弁に行き詰まった場合、衆院解散・総選挙に踏み切る可能性があるとの見方を示した。「予算委員会(の質疑)で立ち往生したら首相がかっとなって解散し、年内選挙になってもおかしくない」とさいたま市内での党会合で述べた。

 次期衆院選を政権選択選挙にできるよう努めると強調した上で「日本の危機を食い止め、国民生活を救うため、なんとしても大きな成果を上げなければならない」と訴えた。