加藤勝信官房長官は26日の会見で、尖閣諸島を巡り、双方が公船以外の船を周辺海域に入れないことで事態の改善を図るとする中国の王毅国務委員兼外相の提案を拒否する考えを示した。「発言は中国独自の立場に基づくもので、日本政府としては全く受け入れられない」と述べた。

 加藤氏は「尖閣諸島は歴史的にも国際法上もわが国固有の領土だ」と表明。同時に「尖閣諸島を巡る領有権問題はそもそも存在しない。日本の漁船がわが国の法令にのっとって活動することは何ら問題ない」と強調した。

 中国は尖閣の領有権主張を強めており、周辺海域を航行する日本漁船を中国海警局の船が追尾したりしている。