はがきや手紙の土曜日配達を廃止する改正郵便法が27日の参院本会議で可決、成立した。来年秋にも廃止となる見込み。インターネットの普及による変化に対応するほか、配達員の負荷を軽くして郵便局の人手確保につなげる狙いがある。日曜・祝日を除く「週6日以上」を原則としてきた通常の郵便物の配達は改正法で「週5日以上」に変わり、平日のみとなる。

 速達や書留、ゆうパックなどの荷物は引き続き土日も届ける。一方、通常の郵便物は翌日配達を廃止し、配達にかかる日数の基準も緩和。木曜日に投函した郵便物は、土曜の配達廃止も重なって翌週の月曜日に届く。