安倍晋三前首相は4日、「桜を見る会」前日の夕食会を巡る東京地検特捜部の事情聴取要請に関し、聞いていないと重ねて説明した。要請された場合の対応を記者団に問われ「真実を解明することが大切だから誠意を持って対応する。捜査の対応が決まった段階では、お話しできることはお話ししたい」と述べた。国会内で答えた。

 野党の国会招致要求については「今、捜査が続いている段階では、申し上げることはない」と否定的な考えを示した。