自民党岐阜県連会長を務める野田聖子幹事長代行は24日夜、国会内で記者団の取材に応じ、保守分裂となった岐阜県知事選の責任を取り、県連会長を辞任する意向を明らかにした。