岡山県の伊原木隆太知事は27日の全国知事会後の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関し、地域によって政府からの支援差が大きいとして疑問を呈した。「(感染対策を)頑張れば頑張るほど支援が少なくなるのでは切ない。地域によって差が大きすぎるのではないか」と指摘した。

 感染拡大地域との支援の格差是正を求めている丸山達也島根県知事に同調した形。伊原木氏は「事業者からすれば死活問題だ。(感染が比較的抑えられている)こちらだって苦しいという気持ちは腹の中にあった」とも述べた。