加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを巡り、宇治徳洲会病院(京都府宇治市)が1瓶当たり7回打てる注射器の使用を発表したことについて「現在、厚生労働省が事実関係を確認している」と述べた。

 同病院は5日、条件が合えば、先端部に液体が残りにくいインスリン用注射器を使うことによって、7回接種が可能と発表した。ファイザー製ワクチンは1瓶当たり、通常の注射器で5回、特殊注射器で6回打てる。