国旗別々で合同の入場行進 閉会式では南北関係者に温度差

国旗別々で合同の入場行進 閉会式では南北関係者に温度差

 【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場すると、25日の平昌冬季五輪の閉会式は大きな歓声に包まれた。一方、開会式の合同入場行進で南北選手団が掲げた「統一旗」を手にしていたのは、主に北朝鮮選手団のみ。韓国メディアによると、北朝鮮の核・ミサイル開発を巡る政治的影響が文在寅政権の「平和五輪」構想に水を差した形となった。

 聯合ニュースによると、南北合同チームを組んだアイスホッケー女子の北朝鮮選手に支給の競技用具を巡り、韓国側が国連制裁への抵触を懸念し返還を求め、関係者間に温度差が生じ、閉会式では合同入場とならなかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索