鶴竜が初黒星、首位変わらず 栃ノ心殊勲、魁聖2敗目

鶴竜が初黒星、首位変わらず 栃ノ心殊勲、魁聖2敗目

 大相撲春場所12日目(22日・エディオンアリーナ大阪)横綱鶴竜は関脇栃ノ心に寄り切られ、初黒星を喫した。平幕魁聖が遠藤に引き落とされて2敗に後退したため、鶴竜の単独首位は変わらなかった。先場所優勝の栃ノ心は勝ち越し。

 大関陣は高安が千代丸に突き落とされ、痛い3敗目となった。豪栄道は小結逸ノ城を寄り切って9勝目。逸ノ城は4敗目。関脇御嶽海は7敗と後がなくなった。

 1敗の鶴竜を追う2敗は魁聖だけで、3敗に高安、豪栄道、平幕の大翔丸、勢の4人。十両は佐田の海ら3人が3敗で首位に並んだ。

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索