テニス国枝7度目V、上地2連覇 全仏・車いすの部

テニス国枝7度目V、上地2連覇 全仏・車いすの部

 【パリ共同】テニスの全仏オープン車いすの部は9日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス決勝で国枝慎吾(ユニクロ)が第2シードのグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)を7―6、6―0で破り、3年ぶり7度目の優勝を果たした。国枝は現行の四大大会で今年の全豪オープンに続いて2連勝となり、通算22個目のタイトル。

 女子シングルス決勝で第1シードの上地結衣(エイベックス)が今年の全豪オープン覇者で第2シードのディーデ・デフロート(オランダ)に2―6、6―0、6―2で勝ち、2年連続3度目の優勝を飾った。上地は四大大会で通算6勝目。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索