日大参加も想定し日程作成 関東学連理事会で報告

 関東学生アメリカンフットボール連盟が13日に東京都内で開いた理事会で、悪質な反則問題によって公式試合の出場資格を停止されている日本大が処分の早期解除を受ける可能性を想定し、日大を入れて今秋のリーグ戦日程を組むとの方針が報告された。事前に会場の確保などが必要なためで、理事からは異論は出なかったという。

 理事会は、日大アメフット部が処分解除を受けるために今後提出する予定の改革案や再発防止策などを確認する検証委員会の設立を承認した。森本啓司専務理事は今月中に人選する意向を示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索