横綱稀勢の里が稽古を本格再開 夏場所前以来、高安と11番

横綱稀勢の里が稽古を本格再開 夏場所前以来、高安と11番

 大相撲の田子ノ浦部屋が15日、合宿を行っている徳島市の徳島文理大で稽古を公開し、左大胸筋などのけがで7場所連続休場中の横綱稀勢の里は大関高安と11番を取り、9勝2敗だった。稀勢の里が本格的に相撲を取るのは、全休した5月の夏場所前以来となる。

 稀勢の里は土俵下で1時間以上、ストレッチや四股を行った後、高安と土俵に上がり、力強い立ち合いや寄りで、約1200人の見学客から大きな拍手を浴びた。「良い稽古ができた」と満足げに振り返り、名古屋場所(7月8日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けて「しっかり体を作って、何か良い手応えを持って帰りたい」と話した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索