ロッテ大嶺翔太内野手が現役引退 金銭トラブルが原因

ロッテ大嶺翔太内野手が現役引退 金銭トラブルが原因

 ロッテは23日、大嶺翔太内野手(26)が現役を引退すると発表した。金銭トラブルを抱え、球団にも影響が及んでいたという。大嶺翔は球団を通じ「お金を借りて、返せないトラブルが発生し、多くの方にご迷惑を掛けてしまった。自分にできることは環境を変え、気持ちを入れ直すことだと決断した」とコメントした。

 2年程前から球団に複数の債権者から連絡が入るようになり、球団は改善を指導してきたが、状況は変わらず、最近になって再びトラブルが発生。球団との話し合いの中で大嶺翔から引退を申し入れてきたという。球団は借入額や使い道などを明らかにしていないが、違法性はないという。


共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索