大相撲、御嶽海7連勝で単独首位 3横綱1大関が不在

大相撲、御嶽海7連勝で単独首位 3横綱1大関が不在

 大相撲名古屋場所7日目(14日・ドルフィンズアリーナ)新大関栃ノ心が休場し、3横綱1大関が不在となった。

 関脇御嶽海は平幕の琴奨菊を力強く寄り切って7連勝。単独首位をキープした。

 かど番の2大関は明暗。高安は阿炎を寄り倒して5勝目を挙げたが、豪栄道は貴景勝に突き落とされて3敗目を喫した。関脇逸ノ城は3勝目。

 全勝の御嶽海を1敗で平幕の遠藤、千代大龍、朝乃山の3人が追い、2敗で高安、平幕の魁聖ら5人が続く展開となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索