卓球、男子張本と松平ら準決勝へ ブルガリア・オープン

 卓球のブルガリア・オープンは18日、ブルガリアのパナギュリシュテで行われ、男子シングルス準々決勝で張本智和(エリートアカデミー)はベラルーシ選手を4―2、松平健太(木下グループ)は中国選手を4―3で下し、準決勝に進出した。丹羽孝希(スヴェンソン)は敗退した。

 女子シングルスで準決勝に臨んだ佐藤瞳(ミキハウス)は中国選手に2―4で敗れた。石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)は準々決勝でともに中国選手に屈した。(共同)


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索